モンスターハンターフロンティアで風景写真を撮る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついていた男5


旅団の全員が目の前の事態を把握し、恐慌に陥る寸前に、怪物はまた砂の中に潜っていった。

そして再び、自身の巨体が空へと舞い上がらんばかりの勢いで、旅団の中央部から飛び出してきたのである。


たまたま列の先頭のほうで難を逃れた男の目に映ったのは、粉々に破壊され飛び交う荷車の破片や、ごみのように宙に舞う人間の姿であった。


あまりに現実離れした光景を前に、男の思考は完全に停止していた。

が、生存本能であろうか、男の体はその場から脱兎の如く逃げ出していた。


この世のものとは思えぬ奇怪な咆哮をあげ、怪物は更に行商旅団の列を破壊していった。

男はその音を背にしても一度として振り返る事なく、全力で走って逃げた。





そして今、男は背後に迫る“あれ”の恐怖に身震いしていた。


「(来る、追いつかれる・・・!)」


男は一瞬だけ、彼我の距離を測ろうと後ろを振り返った。

そこには紛れも無く先程の怪物が、明らかに男に狙いを定め、“槍”を向けて突進してきていた。



「ぎゃあああああああ!!?」



もはや逃げ切れる距離でも無く、男は狂乱の極致に達し、その場に座り込んでしまった。


“槍”が目前に迫った瞬間、男は何故かまた自分の人生を振り返る事が出来た。



俺の運も、ここまでだったか・・・




その思考を最後に、視界が暗転した。





「・・・・・?」


男が我に帰ったのは、奇妙な唸り声がきっかけだった。

おそるおそる目を開けてみた男は、何故自分が生きているのかという状況を悟った。


男自身は全く気がついていなかったのだが、男の背後には大きな岩がそびえていたのだった。

男が脱力し、たまたま運良くしゃがんだ所を、怪物の“槍”が空振りし、大きなその岩に“槍”がめり込んでいたのである。

男が目を覚ましたのは、角が刺さって身動きが取れなくなり、苦悶の声をあげていた怪物の真下だったのである。



男は幸運にも命の危機を脱し、その場から離れる事に成功した。




「やった・・・・。やっぱり俺には幸運の神様がついてるんだ!
これからの俺の人生、どんな危ない事になっても、俺は死なない!
俺はこの世で最高に幸運な男なんだ!
あっはっはっはっはっはっは!!!」


砂海を脱出すべく走り出した男は、己の強運に酔いしれ、笑い通しであった。


「もうすぐ砂海を抜けられるはずだ。
そうだ、俺はついてるんだ。
このまま行けばもうすぐ街につくんだ。

もうすぐ・・・・・・・・・・・・・・・?」




男は今、砂漠のある一点に微かな違和感を感じていた。

・・・そう、目の前の砂海の中で、一部だけ奇妙に「盛り上がっている」場所があったのだ。

男には当然、それに見覚えがあった。



「そ、そんな・・・・・・・・・・・・」




その場所から、地震のような轟音と振動をともなって、空へ舞い上がらんばかりの勢いで飛び出してきたものがあった。

“それ”は頭と思われる箇所に二本の“槍”が生えていた。

そして

“それ”は如何なる理由か、漆黒の闇を体現するかのように黒く、黒く染め上げられた巨体であった。




その黒き怪物は後に「双角竜」と呼ばれ、出会う事すら困難な、非常に珍しく非常に獰猛な飛竜であったが、男はそれを知る由も無かった。

男は幸運にも、そんな怪物と出会ってしまったのだった。



闇色の飛竜は、この世のものとは思えぬ、奇怪で異様な咆哮をあげ・・・。







mhf_20080810_235310_900.jpg

コメント
ついていた男、全5編でした。
読んで頂いた方皆さん、ありがとうございますmm

MHは狩人が主体の世界ですが、じゃあ狩人以外の人々は何をしているのか?
というのがこの話の出発点だったかと思います。

世界観への更なる没入、妄想が膨らむという楽しみの「お手伝い」が出来ていれば幸いです^^
2008/08/26(火) 13:53 | URL | RAYSES #q4dd/qmQ[ コメントの編集]
つきはほどほどがいい^^
なるほど・・・確かについてますねw
モノとディアに数分間のウチに遭遇・・・
あそこで助からなければあうこともなかった・・・
本当に稀有な方だったんですね^^

この話を受けて、『事故死と宝くじ』を思い出しました。
公共の事故(JR、飛行機、仕事中の不慮も含む)でお亡くなりになった方って、
宝くじの高額当選(1千万以上)するよりも確率が低いんですってね・・・
ウチは前者のついているほうにはなりたくないですね^^;
(ついている女の出演は拒否しますww)
2008/08/26(火) 15:00 | URL | ニィ先生 #-[ コメントの編集]
やっとタイトルが分かった~(;゚Д゚)
ここでディアブロスが出て来るとは…(;´Д`)
予想外でしたねw
この続きが見たいなぁと思っていたら
完結でしたか(;゚Д゚)
続きは色々考えられますかね?
それは自分だけの世界に入ってしまいますね(;・∀・)
これからもこういうのを待ってます( ^ω^ )
2008/08/26(火) 22:32 | URL | でめきんぎょ #-[ コメントの編集]
ニィ先生>
これを書いていた当時、オチを2種類考えておりまして…

ひとつは今回掲載した、「その後どうなってしまうのか?」エンドで、もうひとつは「運良く一角竜の一撃を逃れた男」が「ずっと一角竜を追い求めていた狩人(片手剣使い)に偶然にも救出される」という内容でした。

その後その狩人は伝説に…?

でめきんぎょさん>
その後この男は、逃げ延びることができたのか?
もしそうだとしたら、今度はどんな“幸運”が男を守ったのか?

あるいはもう男に運は残されていなかったのか…?

結末は人それぞれに思いつくような気がします^^
2008/08/27(水) 13:41 | URL | RAYSES #q4dd/qmQ[ コメントの編集]
遅くなりましたが…ついていた男全5編読み終わりました^^

さすが!RAYSESさん!!
すごくオチに行くまでのくだりがよかったです!!

やはりRAYSESワールドは予測がつきませぬ(*゚∀゚)*。_。)
しかし、そこが面白いです!!
2008/08/28(木) 15:02 | URL | アギト #-[ コメントの編集]
アギトさん>
読破して頂き、ありがとうございます。

あえてオチを描かないオチ、というのは今や使い古されて久しい表現方法ですが、幸運な男はその後どうなったのか?
私自身も本当にわかりません^^;
2008/08/29(金) 16:51 | URL | RAYSES #q4dd/qmQ[ コメントの編集]
やっぱレイさんの小説いいな~
続きが読みたくなるだよ
次回作も期待!
2008/09/01(月) 09:33 | URL | ヒン #-[ コメントの編集]
ヒンさん>
毎度コメントありがとう~。

またいつか、不定期にやり始めるかも?w
2008/09/01(月) 18:34 | URL | RAYSES #q4dd/qmQ[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。