モンスターハンターフロンティアで風景写真を撮る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臆病な男 5


彼との別れの日、私はこの数日で思い立った自分の夢を、彼に語った。

それは、新米の狩人を専門的に教育養成する機関を作る事を国に打診し、自らの土地でそれを成そうという事であった。


この話を聞いた彼は
「・・・ははっ!やっぱ金持ちは考える事がちがうぜ!
いいねそれ、大賛成だよ。」
と、大変好評であった。


私達はお互いに握手の手を出し合い、今後もこの友情は続く事を誓い合った。

「じゃあな。俺が生きてたら、いつかまたこの森で会うとしようぜ。なーに、俺は逃げ足は速いが、約束は固く守る男さ。」


私達が別れようとしていたまさにその瞬間、招かれざる来訪者が突如襲って来た。

小型の肉食獣の群れが我々の臭いを嗅ぎ付けて、いつの間にか周囲を包囲していたのである。


「あーあ、最後はのんびりやりたかったんだが、そうもいかなくなっちまったみたいだねえ。」


獣達の明確な殺気に怯む私をよそに、彼はいたって冷静に包囲の輪を見渡すと、獣の機先を制して、素早く群れの一部に小刀を投げつけた。

彼と共に過ごし、この数日間狩人として生活してきた私には、その意味が何故か瞬時に理解できた。
私は、小刀により一瞬ひるんだ包囲の隙間に全力で


走りこんだ。


そのままわき目もふらず、全力疾走で怪物の輪を抜ける。

ここ数日彼から指導を受けていたとはいえ、まだまだ私は素人も同然である。
その素人と一緒にいては、逆に彼の足を引っ張りかねない。

私は、獣に追いつかれるかもしれないという恐怖を振り払うためにも、とにかく必死で逃げ出した。
彼を救おうなどとは、微塵も考えること無く。


背後からは、彼の陽気な声が聞こえた。
「はは!いいぞ!!やっぱりあんたは優秀だ!必ずここで、また会おうぜ!」

私は当然振り返りもせずに、そのまま走って逃げた。




あれから数十年が経ち、私の領地のはずれに、ある村が出来た。
かつて伝説と呼ばれた狩人を村長として召喚し、建てた公共の狩人養成機関である。

私の夢であったこの機関の設立に際し、国からは私個人の資産投入があるならば、と申請はあっけなく通ってしまっていた。

私は、彼との約束をあっさりと果たしてしまったのである。
とはいえそこに至るまでの道のりは平坦ではなかったが・・・今となってはそれもいい思い出の一部となっていた。


そしてここ最近では、大きな街などで、ある道具が広まってきている事を私は知った。

それはただ「地図」と呼ばれ、遠く遠征の旅に出る狩人達に最も役立つ道具として、狩人組織のなかで広まりつつあった。
狩人の多くは、まだまだ未踏の地があるにも関わらず、その地図にはあらゆる地の正確な道しるべと、各所案内が付記されていたため、狩人の安全な旅を手助けするとても重要な道具となっていた。


そして私はそのさらに数年後、ひさしぶりに彼との思い出の森に入ってみる事にした。

今や、以前彼が設営していた拠点は朽ち、大手組織によって組まれた新たな拠点が、すべての狩人にたいして開放されていた。

私はかつて世話になった拠点に目をやりつつ、周囲を散策していたが、しばらく歩くと山菜取りをしている初老の男を見つけた。
私が、ここはまだまだ危険な所だから別な場所がいいのでは、と声をかけると、その初老の男はこう言った。

「私は世間じゃ臆病者といわれてましてね、極度の怖がりなんですよ。
でも逃げ足だけは速いもんでしてね。いざとなったらあんたを置いて逃げ出しますよ、へへへ。」


私とその男は、いつでも逃げ出せる準備をしながら、お互いの夢について語りだした。







mhf_20080613_195745_775.jpg

コメント
臆病な男、全5編でした。

仲間は死んでいくのに自分だけ生き残り、帰還してくる“彼”に対し、同業者はどう思うんでしょうかね?

仲間を助けない臆病者?自分だけ助かろうとする卑怯者?
あるいは無駄な英雄視でしょうか?

でもってその彼を“見捨てて”逃げた主人公…どいつもこいつも臆病者ですが、読まれた方はどう思ったでしょうか?

何気にお気に入りの作品です^^
2008/07/16(水) 14:44 | URL | RAYSES #q4dd/qmQ[ コメントの編集]
シメのSSに惚れました(*゚ー゚*)

RAYSESさんの作品は素晴らしいですね~♪♪
しかも地図とな!?Σ(・口・)
まるで日本地図作成のために日本を歩き廻った伊能忠敬ように、男は全フィールドの地図を完成させたのですね!?

こいつはすげぇや^^
RAYSESさんの次回作にますます期待です!!
2008/07/16(水) 23:49 | URL | AGITO #-[ コメントの編集]
なんだこの場所?
こんなとこあったっけ~?
全5編おもしろかったです
レイさん次もよろろ~
2008/07/17(木) 08:58 | URL | ヒン #-[ コメントの編集]
すばらしい~~(^.^)/~~~
まさか森丘のあそこを最後に持ってくるとは・・・
さすがRAYSESさん(風景写真家)ですね^^
二人を臆病な男に見立てるとは思いませんでした。
確かに世間からはそうみられても過言ではないですよね^^
人間の心理をよくわかっていらっしゃいますね(^_-)-☆
ヘンな小説読むより(あまり読まないけどねww)ずっと面白いです(*^_^*)
次回作、楽しみにしていま~す(^.^)/~~~
2008/07/17(木) 11:19 | URL | ニィ先生 #-[ コメントの編集]
アギトさん>
コメントありがとうございます。
本当にMHを初プレイしたとき、最も役に立ちそうなものは?
ということで地図というセレクトになりました。

まあ実はこのお話を思いついたキッカケは、あのSSの場所だったわけですが^^

ヒンさん>
森丘のとある場所に、崩れた拠点があるんだねー。そいや雪山にもあるね。
コメントサンクス!

ニィ先生>
毎度コメントありがとうございます^^
まだまだ色々と裏がありまして、森丘のあの朽ちた拠点の近く(すぐ隣のマップ)で、山菜取りをしている男といえば・・・?
とかいう設定も考えてたりしました。

なんにしてもやはり森丘には、思い入れがありますねー。
2008/07/17(木) 11:35 | URL | RAYSES #q4dd/qmQ[ コメントの編集]
そうか~~><あのじいさんか・・・
今気づいた自分がクヤシイです(~_~)
でも、本当にスゴイですね^^
色々な背景をたくさん利用して、最後に一点にきっちり纏める。
その文才がすばらしい\(^o^)/
2008/07/17(木) 13:30 | URL | ニィ先生 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。